記憶の断片

通り過ぎてきた光景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

彼岸花の里から

           img289 - コピー
                                   伊勢崎市 早川渕  彼岸花の里
                                    F5 AF80-400 ED VR RDP




                       自分が知っている人が

                       去っていくのは寂しい


                       自分を知ってくれてる人が

                       去るのは なお寂しい


                       雨上がり 花の里に一筋の光が射し込んで

                       咲き始めた 一輪の花を照らし出す


                       周りに どんなに蕾があろうとも

                       花は咲き 散っていくのは世の縮図


                       だからこそ 今 光を捧げたい

                       これからの道を 歩き始めた あなたへ

                       「ありがとう」 の言葉を添えて ・・・
















スポンサーサイト
  1. 2014/09/22(月) 06:51:49|
  2. ひとり言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<                     「 あ り が と う 」 の 詩 | ホーム | 花火  - ひと夜の華 ->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yanahiro1959.blog.fc2.com/tb.php/118-bda96a96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。